不安を抱くことが大事

IT業界では技術的な発展が著しい速度で進んでいるため、数年後には全く異なるシステムが世の中の中心になっていることもあり得ます。それをよく理解しているIT系のエンジニアは、フリーランスをするときに数年後にも収入があるのかということが不安になりがちです。
必死に努力をして現代のIT業界で必要とされるスキルを習得して一人前になり、独立しても働けるレベルに達することができたという自覚があると、フリーランスを始められます。
しかし、そのスキルで数年後にも企業から仕事を依頼してもらえるのかは判然としません。予期していないようなIT革命が再度起こる可能性もあるため、独立していつまでも安定して働けるとは限らないのです。
しかし、この種類の不安を抱くことができる程度のIT業界に対する理解があり、自分の能力を伸ばして技術的な発展に遅れてしまわないようにしようという向上心があれば問題はありません。
フリーランスをする上で重要なのは、企業で不足している能力の持ち主になって仕事に従事することであり、数年後でもそのときに企業が必要としているスキルを持っていれば活躍できます。
収入の不安があると自分の能力を高めようという気持ちが湧きやすく、少し先の将来を考えて貪欲にスキルの習得に励むようになる傾向があります。そうすれば結果的に独立した後も継続的に仕事を手に入れることができ、フリーランスとしての価値を向上させることができます。