キャリアパスとして考えるフリーランス

エンジニアとしての基本的なスキルを身に付けて一人前になると、独立してフリーエンジニアとして働くことができます。働き始めた当初は自分の実力を試しつつ、成功すれば収入も飛躍的に伸びるという点で魅力が大きく、初めて自分自身で判断して仕事をする機会が得られることによりやりがいに満ち溢れているのが一般的です。
しかし、長年に渡ってフリーランスをしていると同じような種類の仕事に携わることも多くなり、独立した当初にあったようなやりがいが失われてしまう傾向があります。その状況から脱却するためには、モチベーションを上げる工夫が必要です。
一つの方向性として、収入にこだわっていくという考え方があります。
事業主としての立場で働いた経験は企業でも注目されるものであり、フリーランスをキャリアパスとして考え、将来的な転向を考えるのは良い方法です。さらに収入を上げるために仕事を選んでいくと考えると、新たなモチベーションが生まれてきます。
自分が慣れている仕事を請け負うのではなく、管理職として企業に抜擢されるように広く仕事を請け負うようにし、機会があったらリーダー格の仕事も担うようにすると仕事にも変化を生み出すことが可能です。それ自体にやりがいがあるだけでなく、最終的にその成果や実績が評価されると、管理職に転向する機会が得られる場合もあります。
それを目指してフリーランスを続けていくようにすると、モチベーションを失うことはありません。